マンション売却住み替え

あなたのマンションの資産価値を知っていますか?

住み替えで損しないためにも事前に知識をつけることは大切です。
複数社の査定で、あなたにとって必要な情報を知ることができます。

【無料】で今すぐ相場を調べる方法はこちら

住み替えでマンションの売却を成功させる3つのポイント

 

転勤や入学、家族が増えた、など様々な理由からマンションを住み替えることになり、売却しようかどうか悩むこともあるでしょう。

 

そこで、当サイトではマンションから一戸建て住み替えし、売却に至るまでの体験談を元に詳しく解説しています。

 

マンション売却の初心者が何をどのようにすれば良いのかとても不安がよぎることですし、売ると言っても少しでも高く売れた方が良いですよね。

 

売却活動を行っていくと、不動産会社とのやりとりの中で初めて知ることも多くなってきます。

 

家庭もあり仕事が忙しい中売却活動を行っていくわけですから、不動産の勉強をしようにも一苦労です。

 

なので、不動産会社に全てを任せてしまおうと考えがちですが、不動産会社や担当者によって知識や経験はもちろん違います。

 

査定額の違いや対応の仕方もバラバラでしたので、住み替えを検討しているあなたへ少しでもお役立ていただければ幸いです。

 

マンション売却で住み替えるとき損しないためにも事前に知識をつけてから売却活動を行うことで、結果も変わってきますので是非参考にしてみてください。

 

マンション住み替えで損せず売却する3つのポイント

 

 

 

売却する前に、売る理由といつ頃までに売りたいのかを明確にする

 

 

私(30代)は夫と子供2人の4人家族で生活をしています。

 

以前は主人が親から譲り受けたマンションを持っており、結婚してからはそこで生活をしていました。

 

夫が持っていたマンションは2LDKで1人目の子供が生まれた時までは狭いとも感じず、不自由なく暮らしていました。

 

しかし2人目の子供が生まれてからはマンションでは手狭に感じるようになり、将来子供たちにそれぞれの部屋が必要になると、ここでは暮らせないと考えるようになりました。

 

収納スペースもそこまで広くはなく、リビングにも収納しきれない荷物が置いてある状態でした。

 

子供たちが走り回った際にぶつかって転んでは危険を感じる事も多々あり、もっと安心して子育てができるように1戸建てを購入したいと思うようになったのです。

 

住んでいたマンションは静岡県静岡市の駅から近いところで、公共交通機関なども充実していました。

 

その点は便利に感じていたのですが、駅が近い分周辺の道路は交通量も多く、子供たちを安心して外で遊ばせてあげられないのも悩みの一つだったと言えます。

 

丁度その頃、駅から少し離れたわりと静かな住宅街に建て売り物件がまとめて売りに出されたので、そこの購入を考えてマンションを売却する準備を始めました。

 

当時上の子が4歳で下の子が2歳だった為、遅くても上の子が小学校に上がるまでには引っ越したいと考えて売却する事を決めました。

 

マンションを売却する際、以外と見落としがちなのがこの売る理由です。

 

なぜなら、転勤、入学、子供が大きくなったなど色々あると思いますが、いつ売るのかによって売却活動が変わってくるからです。

 

例えば、半年後に転勤が決まっていて、半年以内に買い手を見つけて引っ越し後にすぐ引き渡しをするのであれば、今すぐ売却活動をはじめなければなりません。

 

売れるまで時間がかかってしまうと転勤後も住宅ローンを支払わなければならないことにもなりかねません。

 

特に売り急いでいなければ、時間をかけてでも良い条件で売却しようと目標を立てることができます。

 

このように理由を明確にすることによって、いつまでに売るという目標を設定し、この目標から今度はどのようにして売っていくのかということを考えていきます。

 

売る理由をきちんと把握して、計画を立てることがマンション売却を成功させるためには必要です。

 

>>マンション売却で戦略がなぜ必要なのか?

 

マンションの資産価値を知る

 

 

売却活動を行う前にある程度知っておきたいのが、あなたのマンションの価値はどれくらいなのか?ということ。

 

資産価値を知ることで、売却活動の戦略が見えてくるようになります。

 

これは売るときに、最終的にはあなた自身が売却価格を決定づけることになりますので、大事な決断をするときの参考資産価値として知っておく必要があります。

 

一括査定で数社依頼すれば簡単に調べることができますが、査定はあくまで「売却できるであろう目安の価格」としてとらえてください。

 

私の場合、マンション売却を考えた時に、まずそのマンションの価値がどれくらいなのか知る事から始めようと考えました。

 

その時に便利だと思って利用したのがマンション一括査定サイトです。

 

複数社から査定額がもらえればより正確なマンションの価値が分かりますし、不動産屋選びにも活用できるので試してみる事にしました。

 

 

私は「イエイ」と「イエウール」の2つのサイトを利用しました。

 

イエイ 不動産売却専門一括査定

 

イエウール

 

 

一括査定サイトのメリットとしてはマンションの相場だけでなく、サイトに書かかれているマンション売却の知識も身に付ける事ができた点です。

 

サイトによって書かれている事は違いますが、マンションを売却する際の注意点や進め方などを丁寧に説明してくれてあったのでとても参考になりました。

 

それからただ査定額が書かれてあるだけでなく、どうしてその価格なのかの理由もそれぞれ書いてあり、自分達のマンションのどこに価値があるのかを知る事ができたのも良かったです。

 

サイトを利用する事で自分達が知らない不動産会社からも査定をしてもらう事ができて視野も広がりました。

 

デメリットとしては、簡易査定の後に一斉に電話連絡がきてしまった事です。

 

少しでもマンション相場を正確に知りたいという思いから2つのサイトを利用してしまったせいもあるのですが計6社から連絡があり、その都度同じ事を答えなければならないのは面倒に感じました。

 

気になった不動産業者にはこちらから連絡をするというシステムにしてもらえるともっと便利で都合が良かったかなと思います。

 

あくまで査定額は机上査定で行っているケースが多いため、鵜呑みにするのではなく、ある程度知っておくことで販売活動するときの参考資産価値として知っておくことは必要だと感じています。

 

>>不動産一括査定の評判は?

 

依頼する不動産会社と担当者を見極める

 

 

マンション住み替えで売却するためにもっとも重要なのが、不動産会社と担当者選びです。

 

プロとして物件の良し悪しをしっかり見極めることができ、良い点だけでなく悪い点もしっかりお伝えすることができるような営業担当者がベストであると考えます。

 

もちろん、知識が豊富、売却ノウハウがあることはもう当たり前のことです。

 

ですが、数ある不動産会社の中から良い営業担当者を見つけるのはとても難しいのが現状です。

 

私が住んでいたのは10階建てマンションの5階の角部屋で、築23年の物件でした。

 

査定額は一番高いところで1,400万円、安いところで900万円と差額が500万円もあったので驚きました。

 

他の不動産業者については1,200万円と提示した業者が2社、1,000〜1,250万円と提示した業者が1社、1,000万円と提示した業者が1社でした。

 

6社の平均は1,100万円程だった為なるべく平均に近い価格での売却を目指し、簡易査定を出してくれた中から3社に訪問査定をお願いしました。

 

なぜ、訪問査定に来てもらった業者が3社だけなのかと言うと、電話してきた時に業者のほうから訪問査定をしたいと言ってきてくれたのがその3社でやる気を感じたからです。

 

複数の業者に訪問査定を依頼してみて分かったのですが、それぞれの業者によってマンションの中でも見るところが違っていました。

 

クローゼットの中や配線、窓の数まで隅々まで見る業者もあれば、部屋の中を一通り歩いて簡単に確認している業者もありました。

 

私は隅々までチェックして部屋の悪い所も教えてもらえたほうが信用できると感じたので、そういった対応をしてくれた地域密着型の中小企業の不動産屋にお願いする事にしました。

 

その業者は最初の簡易査定では1,000万円を提示してきた会社でしたが、実際にマンションを見てこれなら1,300万円で出せると言ってくれたので期待も込めてお願いする事に決めたのです。

 

そこで信頼できる営業担当者を見極めるために、特徴をまとめましたので参考にしてみてください。

 

 

その地域の市況を把握できている営業担当者

 

マンションの現状を、良い点、悪い面を売り手側にわかりやすく説明してくれる

 

あなたの希望と売却理由、与えられた期間で、どのように売却していくことがベストなのか提案することができる

 

半年かけて希望に近い価格でのマンション売却に成功

 

 

マンションを売却する時は、複数の不動産業者と契約する方法と一つの不動産業者に絞って契約する方法がありますが、私は一つの不動産会社に絞って契約する方法を選びました。

 

理由としては一つの会社に絞った方が業者との信頼関係を築きやすいという点と、一つの会社との専任契約の方が宣伝費用を多めに使えると教えてもらい、より多くの人に広告を見てもらえると思ったからです。

 

契約を交わしてから3日後にはもうネット上に広告が出されているのを確認できたので、仕事が早くて安心して任せる事ができると感じました。

 

それから紙媒体の広告も出してくれて状況説明も週1のペースでしてくれていた為、不安や不満を感じる事もありませんでした。

 

売りに出してから1ヶ月後に最初の買取り希望者が現れたのですが、こちらの売却希望提示価格が1,300万円だったのに対し、買い手側は1,000万円ならすぐに買うと言ったそうです。

 

さすがに一気に300万円も下げるのはもったいない気がして断りました。この時も担当者の方が「このマンションなら1,300万円でも買い手がつく可能性は十分あるからここで焦って決めなくても大丈夫」と言ってくれたのでとても心強く感じました。

 

こちらの事を考えてこうしたアドバイスをしてくれるのは本当に有り難い事だと思います。

 

そこからは連絡がない日が続きこのまま売れないのではないかと不安に思いましたが、担当者の方の励ましもあり粘り強く1,300万円で出し続けていました。

 

すると4ヶ月経った頃ようやく買い手が現れ、マンションの内見にも来てくれて後日売買契約を交わす事ができました。

 

値引き交渉に関しては最小限の値引きでとお願いしてあり、最終売却価格は1,230万円で、築年数が20年を超えていてもマンションを売却することができました。

 

売買契約は契約書や重要事項などを確認してもらわなければならないので3時間もかかり、とても疲れたという思いが強く残っています。

 

しかしここでお互いが納得していないと、引き渡しの時にトラブルになりかねないので面倒でも全ての書類に目を通し、買い手の方にもしっかり確認してもらいました。
契約時は手付金だけ頂いて、残金は後日という事だった為、残金が支払われた時にマンションの引き渡しを行い全て終了となりました。

 

マンション売却にかかった期間は不動産会社にお願いしてからトータルで半年程かかり、平均からしても長いほうだと思います。

 

しかし粘ったおかげで希望に近い価格での売却ができたので、本当に良かったと思っています。

 

初めての体験で、失敗することなく終えることの方が少ないと思います。

 

だからこそ、損しないで売却するために計画や事前に知識をつけることは必要だと感じています。

 

有名な会社だからとか、昔からやっている会社だからとかそういうことではなく、
あなたの物件に対してどのような対応をしてくれるのかということがマンション売却を成功させる本質です。

 

>>マンション住み替えで不動産会社選びが大事な理由とは?

Sponsored Link

優良不動産会社を見つける方法はこちら

初めてマンションを売却するとき、パートナー選びは必須です。
査定価格の比較で、あなたに合う不動産会社を探すことができます。


【無料】で信頼できる不動産会社を調べる